晩秋・初冬の芦生の森トロッコ道を最奥地近くまで歩く

2012年12月02日(日曜日)撮影 天候曇



  かねてより紅葉の芦生の森はどんなものか歩いてみたいと思っていた。今回、図らずも晩秋の終わりから初雪の初冬に切り替わる

 節目に首尾良く訪れることができた。前回、新緑の候に歩いた時には、前夜来の大雨による谷川の増水で赤崎谷出合が危険で渡れ

 なく奥地探索は棚上げとなっていた。今回は紅葉の芦生の森観賞と奥地探索への再挑戦である。

  だが、紅葉は完全に期待を裏切られた。と云うことよりも、元々森林の形成が常緑樹の杉が主体であるので紅葉を求めること自体

 無理な注文であったようである。やっぱりこの森は新緑の森である。新緑の候に脚光を浴びる森だなと云うことを再認識させられた。

 ただ、由良川を挟んで対岸の山の斜面には紅葉の満艦飾が眺望できるのに、どうしてこちらの谷では紅葉風景が見られないのか少

 々不満も残る心地であった。まあ、対岸でも雪景色に彩られる紅葉景色が見られたことは良しとしなければならないだろう。訪れた値

 打ちはあったということだ。驚いたことは、当日気温4℃という寒さでヤマヒル2匹の襲撃を受けたことである。奥地大ヨモギ谷近辺に

 越冬するヤマヒルのようだ。夏場はとても歩けない所だとこれも再認識させられた。

  以下、研究林入口から奥地のフタゴ谷先まで歩いた行程写真をJavaアプレットで編集した。お暇なときご覧頂き、行かれた方は往時

 を偲ぶなり、今後行かれる方は参考にして頂ければ幸いである。

  追伸、行程写真集で大画像を開いたとき、F11キーを押した後、順次大画像を右クリックで最後までご覧ください。見終わって F11キ

      ーをもう1回押すと元の状態に戻ります。



位   置   図








コ  ー  ス  図



クリックして大画像でご覧ください。








芦生の森研究林入口で記念写真に納まる一行8名、マウスオンで撮影者交代。








小ヨモギ谷で記念写真に納まる一行8名、マウスオンで撮影者交代。






晩秋・初冬の芦生の森トロッコ道を最奥地近くまで歩く行程写真集

2012年12月02日(日曜日)撮影 天候曇

最初の画像を左クリックで開き、以後、順次大画像を右クリックしてご覧ください。左クリックで閉じます。





自動でも見ることができます。上記ボタンをクリックすると7秒置きに画像が展開します。






トップページに戻る




























訪問者数    昨日    今日