晩秋の武奈ヶ岳(滋賀県大津市・1,214m)を歩く

2008年11月29日(土曜日)撮影 天候 晴、にわか雨



  前回、武奈ヶ岳に登山したのは2001年6月だった。爾来7年余を経過しているのであるが、今回、久しぶりに南西稜を目の当たりに

 してかくも環境が変わるものかと疑念を持つと共に失望させられたものである。それは一言で云って山が荒れているということである。

 鹿害があるのかも知れないが、往時の西南稜は山道の両側から覆いかさばる草木を掻き分けながら歩いたもので驚いて飛び出して

 きた山兎の赤ちゃんが隊列を共にして駆け回る場面があったぐらいである。今はその面影のかけらすら見いだせない。リフトもロープ

 ウエイも廃止されて、山の手入れが行き届かない面もあろうかと思われるが、自然保護が叫ばれている作今これ以上の荒廃は食い

 止めたいものである。豊かな自然が残っているのは坊村から御殿山間ぐらいだろうか。

  以下、行程写真を歩いた順路で編集しアプレット形式で掲載した。お手透きの時ご笑覧くだされば幸甚である。



位   置   図









コ   ー   ス   図



クリックして拡大画像でご覧ください。







武奈ヶ岳 1,214m 頂上にて記念写真に納まる一行 18名。マウスオンで撮影者交代。







高画質写真展示ツールで見る晩秋の武奈ヶ岳 1,214m 登山行程写真

2008年11月29日(土曜日)撮影 天候 晴、にわか雨


クリックしてご覧ください。



ゆっくりご覧になる場合は、最初の画像をクリック、順次大画像を右クリックでページ移行させてください。




トップページに戻る





















訪問者数      昨日      今日