紅葉、黄葉の大山(鳥取1,710m)に登る

2004年11月5日(金曜日) 天候晴


 中国地方の最高峰である大山、標高こそは北アルプスや中央アルプスに比べ1,710mと断然低いが、その山容たる顔は北アルプス級の山々に勝るとも劣らない山だと思う。それは登山中、高度を上げるに連れ目前に展開してくる急斜面と、遥かに起伏する岩稜稜線が証明するとおり、初めての人は恐怖心にも似た畏敬の念と共に、その大自然の神秘的美しさに引き込まれていくであろう。それが大山の特質である。軽視すれば遭難の危険性を十分持ち合わせている山でもある。この度、紅葉の好シーズンをねらい、夏山登山道を頂上弥山1,710mへと登り、下山は六合目より行者谷コース、元谷小屋、大堰堤、元谷ハイキングコースを経由、大神山神社大川寺を観光して無事下山した。一行4名、兵庫・加古川6:00出発、播但自動車道、中国自動車道、米子自動車道溝口IC 8:30、現地兜山(とやま)旅館駐車場着 9:00、登山開始 9:15、弥山頂上 12:30~13:20、下山開始13:20、駐車場帰着 15:30、とやま旅館の24時間風呂入浴 15:30~16:30、気分一新のうえ無事加古川に帰着した。今回の計画に際し、ご紹介戴いた地元大山町役場観光課、お世話になった兜山旅館さんに厚くお礼を申上げたい。





位   置   図





コ ー ス 図

クリックして拡大画面でご覧ください。






紅葉、黄葉の大山(鳥取1,710m)登山行程写真集

2004年11月5日(金曜日) 天候晴

F11キーを押して最初の画像を左クリックで開き、以後、順次大画像を右クリックしてご覧ください。左クリックで閉じます。

自動で見る場合は、下記ボタンをクリックしてください。見終わったらF11キーを押し直してください。





 


トップページに戻る