初秋の三原台 888m(鳥取市佐治町)に登る

2015年09月27日(日曜日)撮影 天候晴



      鳥取・岡山県境に接し広大なススキの原野が鳥取側にある。その名も三原台と云い、一番高いところで標高888m、その台
    地を円で囲むようにススキの平原が拡がった地形で広さは45ヘクタールあるという。規模と地形の雄大さは、90ヘクタールの
    兵庫県神河町の砥峰高原には及ばないが、県境の僻地だけあってススキの背丈は、こちらの方が遙かに大きい。本編写真
    でもあるように迷い込んだら先が見えないぐらい背が高く茂った所があり、単独登山者は不安と恐怖心で引き返す人もいる
    という。こんな奥深い県境の土地が鳥取市の行政域だと云われても信じられないぐらいである。以下、道中行程の状況を写
    真集として纏めているので今後登られる方は参考にして頂けたら幸いである。



位   置   図







コ ー ス 図


クリックして大画像でご覧ください。







三原台 888m登山口で出陣の記念写真に納まる一行 13名、マウスオンで撮影者交代。







三原台 888m頂上で記念写真に納まる一行13名、マウスオンで撮影者交代。





三原台 888mから見渡す南方向(県境)パノラマ風景

2015年09月27日(日曜日)撮影 天候晴
クリックして大画像でご覧ください。





三原台 888mから見渡す西から北方向パノラマ風景

2015年09月27日(日曜日)撮影 天候晴
クリックして大画像でご覧ください。




初秋の三原台 888m(鳥取市佐治町)登山行程写真集

2015年09月27日(日曜日)撮影 天候晴

最初の画像を左クリックで開き、以後、順次大画像を右クリックしてご覧ください。左クリックで閉じます。

自動で見る場合は、下記ボタンをクリックすると7秒置きに画像が展開します。






トップページに戻る


















訪問者数   昨日    今日