錦秋の三角山 508mと景石城跡 325m(鳥取市用瀬町)に登る

2017年11月23日(木曜日・祭日)撮影 天候 曇・晴



      三角山は鳥取市南端の用瀬町(もちがせちょう)にあり、標高は508mとさほど高くはないが登山口からの行程はかなり急
    峻であなどりがたい山だったと思う。裏返して言えば登りごたえのある山だということである。この山を拠点として洗足山を
    巡るコースが一般に用瀬アルプスと呼ばれており、当初はこのコースを歩く予定であったが、考え直して先ず三角山なる山
    を知ってからでも悪くは無いだろうと思い地元の名所旧跡景石城跡を遊覧して帰ることにした。それが正解であったのであ
    る。今日1日結構楽しめたと喜んでいる次第である。以下にその行程の一部始終を写真集として纏めているのでお手すき
    の時ご覧頂けたら幸いである。


 
位  置  図








コ ー ス 図

クリックして大画像でご覧ください。







三角山 508m頂上で記念写真に納まる一行 10名、マウスオンで撮影者交代。







景石城跡 325m頂上で記念写真に納まる一行10名、マウスオンで撮影者交代。







景石城跡 325m頂上で登山者一行を出迎える満艦飾の紅葉。




 
錦秋の三角山 508mと景石城跡 325m登山行程写真集

2017年11月23日(木曜日・祭日)撮影 天候 曇・晴

最初の画像を左クリックで開き、以後、順次大画像を右クリックしてご覧ください。左クリックで閉じます。
自動で見る場合は、下記ボタンをクリックすると7秒置きに画像が展開します。






トップページに戻る













アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター