瑠璃渓から、晩秋の深山(京都府 791m)に歩く

      
  瑠璃渓高原のすぐ背後地に深山(標高791m)があります。地形図で説明致しますと、京都、大阪、兵庫の3府県境の交点より県境

   稜線を800mほど大阪寄りに戻った地点になります。標高差が登山口より僅か275mという地形で、頂上が791mと云っても、ほとんど

   その高さの実感がつかめないぐらいで、小さな子供連れでも楽しく登れる家族向き一般向きのコースといえましょう。

   私達一行3名は、2003年11月27日(木曜日)9:40より11:30まで瑠璃渓を探訪して歩き、その延長で深山登山を致しました。気候的

  にも暑からず寒からず、コースも苦しからずで、適度の汗をかき、好コンディションのハイキングをすることができました。14:30下山、

  麓高原内にある瑠璃渓温泉で汗を流し、気分爽快な晩秋の1日を過ごしました。




                 

 深山への登山口です。                             いきなり急な登りですが落葉の感触が味あえます。






                  

雑木林に笹が混じってきました。                        稜線の鞍部に出てきました。笹原の様相です。






                   

雑木林ともお別れです。                             笹原の稜線、急ではあるが心が弾みます。






                   

正面中央の頂上が、笹原、笹山のピークです。                   そのピークが、早くも目前にやってきました。








深山に通じる笹原稜線ピークより、瑠璃渓高原を眺望します。眼下すぐ下はゴルフ場です。






                   

笹原ピークより、深山に向かう旧登山道です。                  一面の熊笹、行く手に何があるのか期待感が膨れ上がります。






                    

笹原もここでお終い。登山道終点です。                     深山頂上に到着しました。頂上が深山宮というお宮になっています。








深山宮の境内にある参拝記帳所です。







頂上には、深山宮と国土交通省のレーダー雨量観測所があります。正面建物がそうです。




深山頂上より見る紅葉パノラマ風景

2003年11月27日(木曜日)撮影 天候曇 12:30


トップページに戻る