播磨富士、兵庫・笠形山に登る
トップページに戻る


扁 妙 の 滝
 右に掲げる滝は、「扁妙の滝」といい、兵庫県の中央部、神崎郡神崎町に位置し、姫路市に流れる1級河川市川の支流越知川の、そのまた支流に位置します。滝の名前は、昔の坊さんの名前をとったと謂われています。

 落差は65,0mあり、兵庫県下に所在する110数カ所の滝の中で、5番目に大きい滝です。撮影当日は、連日の日照り続きと猛暑で、水量がかなり細っており、迫力感には少々欠きました。

 詳細な位置は、下掲登山道マップの赤矢印の位置に所在し、笠形山(標高939m)から、同神崎町いこいの村グリーンエコー笠形に通じる登山コースの、かなり下流に下った、いこいの村近くにあります。左の写真で見られるように、滝壺は落石で完全に埋まっております。落石を取り除けば落差は70mに及ぶでしょう。木の葉が邪魔しましたので2枚撮りしました。
2001年7月24日(火)撮影 晴
2001年7月24日(火)撮影 晴
位  置  図
登 山 道 マ ッ プ
上記登山道マップは、神崎町役場より拝借しました。
 登山道入口です。地名は神埼郡市川町瀬加です。登山道の殆どが市川町ですが、
 笠形山頂上は神崎町、八千代町にまたがります。
市川町が設置した笠形山案内板です。
笠形寺周辺より望む笠の丸頂上です。
笠形山はこの裏手になります。
登山コース途中にある笠形神社です。1400年前に創建されたという
市川町内最古の笠形寺の鎮守として造営されたそうです。赤矢印
位置に姫路城大修理に使用された心柱出生地の記念碑があり
ます。
 昭和の大修理、世界遺産国宝姫路城の心柱となった、
 太さ4m、長さ42mの桧(ヒノキ)が出た所です。記念
 碑が建っています。
 国宝姫路城の心柱が出た土地のすぐ隣にそびえ立つ、
 市川町指定天然記念物の大杉です。
ようやく、笠の丸に辿り着きました。ここから笠形山頂まで約30分。
笠形神社の境内から、再び登山道に入ります。
笠形山頂上(標高939m)で、記念写真を撮る加古川教室一行。
     2001年7月24日(火) 晴  撮影
笠形山頂上(標高939m)より、東方を望む。
笠形山頂上より、東南方、神戸方面を望む。視界不良。
赤とんぼだけは無数に飛びまわっている。
笠形山頂上より、姫路方面を望むが、いずれも視界不良で
何も見えず。
笠形山頂上より、西南方を望む。頂上でも気温33度を
超す猛暑の1日であった。
笠の丸東屋で小休止する姫路教室一行。2001年7月26日(金)
笠の丸〜笠形頂上間の尾根を歩く姫路教室一行。
神崎町
市川町
登山口
心柱拠出跡
市川町