紅葉の嵯峨清滝から、霊峰愛宕山(924m)を歩く 

2001年11月20日(火曜日)撮影 天候晴



 愛宕山とは月参りで親しまれる霊峰愛宕山(標高924m)のことです。頂上には、全国愛宕神社の総本社があり、参拝者の他多くの登山者が登っており、また日本三百名山の一つにも選定されております。火伏の神として京都の人々に親しまれており、今も家々の台所には愛宕山のお札が貼られているそうです。登山者にとっては、更に奥に連なる北山への入口の山として、入門的なコースにもなっています。私達は、嵯峨清滝バス停を左手にとり、清滝川の遊歩道に沿って今盛りの紅葉を愛でながら愛宕山登山口に向かいました。登山コースは、表参道から月輪寺へ周回する約10㎞のコースです。




登山足跡図 カシミール3D 1/50,000

 




  

嵯峨・清滝川の紅葉 其の一 (この流れは保津峡に入ります) 




     

嵯峨・清滝川の紅葉 其の二 (左写真は下流を向いて撮影。右写真は上流を向いて撮影)。




登山行程写真集

      

愛宕山登山口の紅葉です。以下、コース順に撮影しました。右写真、登山口を入った所の紅葉です。




        

左写真、登山口の方を振り返った光景です。




        

表参道とはいえ、かなりの急坂の連続です。愛宕山自然樹林の紅葉です。




         

ひときわ目立つ紅葉が、あちこちにあります。右写真、急坂が終わった所に大杉社があります。




      

この道の道中で、雲海の写真がとれました。水尾の分岐の手前の急斜面で、一際目立つ紅葉。




       

登山中、唯一のシャッターチャンスでした。雲海の京都市街。右写真、雲海が消え去り始めた京都市街。




        

愛宕神社境内、間近しです。右写真、愛宕神社の境内です。ここで昼食をとりました。




        

月輪寺の紅葉です。



トップページに戻る