兵庫の山、一山(1064m)に登る

平成13年11月25日(日曜日)撮影 天候晴


 平成13年11月25日(日曜日)、第6回いちのみや登山会の一山(ひとつやま)登山に参加した紀行集である。主催は、兵庫県宍粟郡一宮町観光協会、共催は兵庫91山の会(代表:須磨岡輯氏)及び新ハイキング関西のメンバーで、参加者は町職員のスタッフもいれて140名近くに及ぶ団体登山となり斑編成を2斑に分け時差登山をしたものである。下山後は、地元ボランティアグループ「家原の会」のブタ汁のおもてなしを受け楽しい1日を過ごした。



位 置 図

 




登山足跡図 1/50,000



註、この地図は、カシミール3Dと年間契約したものです。






一山頂上で昼食後談笑する第2斑のメンバー約70名。 2001:11:25(日) 12:30 




       

登山会集合地点となった家原遺跡公園での受付風景AM 8:30~。集合地点での、加古川市のメンバー。




       






一山(1064m)頂上風景。






加古川市から参加した5名のメンバー、一山頂上での記念写真。






一山頂上より、北方方向を望む。中央主峰が中国山脈の一角をなす藤無山(1139m)。






一山頂上より、北東方向を望む。






一山頂上より、南東方向の姫路方面を望む。






一山頂上より、西方向を望む。






一山頂上より、南西方向を望む。






一山頂上より、南方方向を望む。




      

帰りは、延々と続く林道を歩く。振り返るとさっき登った一山頂上が見える。




      

下山途中の加古川市のメンバー。途中より一宮町職員も合流。




      

ススキで覆われる林道。杉林の中に青々とした竹林。



トップページに戻る