←水仙郷
出発点→
淡路島水仙郷を巡る山並みハイキング
位  置  図
ハ イ キ ン グ 足 跡 図  1/50,000
全行程11,0q
←水 仙 郷
▲←輸鶴羽山 608m
県営輸鶴羽ダム
出発点→
←三原町サイクリングターミナル
 平成14年1月27日(日曜日)、全国的に昨夜来から、二つ玉低気
圧の通過で、大雨と大雪警報が出されていて、到底ハイキングは無
理かとあきらめていたが、気象庁の予報に反して、兵庫地方は小雨
が降り続く程度で当日の朝を迎えた。

 朝6時、主催者の神姫バスより、ハイキング実施の報が入り、急遽
参加。加古川地区から27名(予約は57名だったが、天候を懸念して
半数に激減)、姫路、三木、明石、神戸の各地区から参加した人々、
総勢250名(当初予約は500余名)、バス会社お家芸の大型観光バ
ス編成の連隊ハイキングである。

 明石海峡大橋を快適に渡り、淡路SAで小休止、一路神戸淡路鳴門
自動車道を南下、西淡三原ICを降り、目的地の兵庫県三原郡三原町
のサイクリングターミナルに予定通り10時30分到着。トイレ休憩も、
そこそこに地区編成で、目標の輸鶴羽山(標高608m)と、灘黒岩水仙
郷をめざす、全行程11,0kmの山並みハイキングの実施となりました。

 以下、コースの順路に従い写真を掲載いたしました。
註、この地図は、カシミール3Dと年間契約したものです。
出発点の三原町サイクリングターミナルです。
登 山 路
  ↓
いよいよ出発。
県営輸鶴羽ダムの堰堤上を歩き、左手の急坂を上ります。
←登山路
急坂を上りきって、やっと稜線の登山路で小休止。
輸鶴羽連峰
    ↓
振り返ると、牛内ダムが見えます。
ひたすら稜線を登ります。
輸鶴羽山間近し、森の小径といった感じです。
輸鶴羽山に着きましたが、低気圧の通過で冷たい突風が
吹き、居たたまれません。見えるのは鳴門大橋です。
平和の塔、山ぼうしの広場です。
輸鶴羽山山頂近くにある、輸鶴羽神社です。ここで
昼食です。
いよいよ黒岩水仙郷に向かって下山開始、長い長い下り坂を歩きます。写真は、対岸が
紀伊和歌山、海面は紀伊水道です。
逆光を浴びる、シルエットのように浮かぶ沼島と紀伊水道です。遙か前方に四国徳島が見えます。
大阪湾方面を眺望します。
紀伊和歌山を眺望します。
黒岩水仙郷の背後は、こんな山並みです。
黒岩水仙郷の遊覧風景です。
急斜面に群生した水仙群です。
左右の斜面に、水仙がびっしり。
同行した家族です。
トップページに戻る