▲←生駒山
位   置   図
五万分の一地形図
 上の各画像をクリックしますと、大きな画面に切り替わり、
詳しいハイキングコースを見ることができます。この地図は、
山旅倶楽部と年間契約をしたものです。
トップページに戻る

枚岡公園への登り道はかなり急坂である。
脇目も振らず登ってくる登山者と、野辺に咲く花を見つけて
立ち止まる登山者。
町並みから枚岡公園への道は、つづら折りの自然
林である。
枚岡公園から、生駒山上へ向かう登山道。
登山道途中から、額田あじさい園へと道は分かれ、早くも
道の両側から、自生の紫陽花が出迎えてくれる。
あじさい園散策路の両側一面に咲く紫陽花。
このような道がつづら折りになって、あじさい園を形成
している。
睡蓮も咲くあじさい園。
暗峠近くの野辺に咲く自生の紫陽花。
大阪府、奈良県境の暗峠。
暗峠より眺望する生駒山山上付近。
2002年7月2日(火曜日)撮影 天候晴
 このコースで紫陽花は元々予定していなかったコースである。近鉄奈良線の額田駅で下車し、枚岡公園への急坂を登り詰めた展望台で小休止した
時に、早朝登山の下山者から、紫陽花が満開であることを聞かされ、急遽まわってみることにした。生駒山の8〜9合目の高さに位置するにも関わら
ず、手入れが行きとどき、つづら折りの歩道を覆うように咲き誇って登山者を迎えてくれた。生駒山上は、連絡路が見当たらず、断念して暗峠へ向か
い、府民の森、大原山、鳴川峠、千光寺を巡り、近鉄元山上口駅に出て、JR関西本線王寺駅で大和路快速に乗車して帰路についた。
紫陽花の生駒山・暗峠を歩く
額田あじさい園の管理事務所前で、記念写真を撮る加古川教室一行。
生駒山(標高642.3m)の8〜9合目に咲き誇る、東大阪市額田
あじさい園のあじさいです。
生駒山頂上近くで、自然と調和して咲くあじさいです。
生駒山縦走を断念したくなるような、見事な額田あじさい園でした。