摩尼殿入り口で逆光に映える老木の紅葉。
撮影機種 : デジタルカメラFinePix4800z、以下同じ。
ロープウエイ山上駅より見下ろす。
仁王門門前の紅葉。
参道の住居に萌える紅葉。
参道に萌える紅葉。
参道に覆い被さる紅葉。
参道常緑樹に混じる紅葉。
圓教寺摩尼殿上がり口の階段。
圓教寺摩尼殿門前の紅葉。
圓教寺摩尼殿門前の紅葉。
圓教寺周辺の紅葉。
圓教寺摩尼殿目前に見る紅葉。
圓教寺摩尼殿回廊より、前方左手より見る180度パノラマ。
圓教寺摩尼殿回廊より、前方左手から続く180度パノラマ。
圓教寺摩尼殿回廊より、前方左手より続く180度パノラマ、
       摩尼殿正面(南方)の燃え盛る紅葉です。
180度パノラマの右手景観です。
圓教寺摩尼殿西方の紅葉です。
圓教寺摩尼殿東方の景観です。
トップページに戻る

2002年11月20日(水曜日)撮影
姫路・書寫山圓教寺の紅葉
 法灯一千年の歴史、康保3年(966)性空上人(しょうくうしょうにん)によって開かれたお寺である。上人は第30代敏達天皇の子孫、
橘諸兄→葛城王の5代目に当たり、母は源氏の出姓である。この山に登る者は菩提心をおこし、峰に住む者は六根(眼・耳・鼻・舌・身
・意)を清められるという文殊菩薩のお告げがあり、摩尼殿上の白山で六根清浄の悟りを得られた。その後、徳を慕いご利益を得ようと
多くの人々がこの山に登るようになった。花山法皇は二度も御来山になり、上人の教えを受けられ大講堂を建立し、書寫山圓教寺と名
付けられた。後白河法皇も7日間御参籠になり、後醍醐天皇は隠岐の島より御還行の際一泊された。このように多くの信仰をを集め、
善男善女の参詣や、僧侶の修行の道場として栄え、西の比叡山とも呼ばれるようになった。以後、地元姫路市民の憩いの場としてこよ
なく愛され信仰の場として県下一円はもとより、隣接の岡山、京阪神からと、北は北海道、南は九州からの参詣者・観光客が絶えない。
所在位置は、国宝姫路城より北北西6km、書寫山(標高301m)に位置する。