直線上に配置

兵庫県の山

 左右上の写真は、千町峠(標高980m)といって、宍粟郡一宮町
から、朝来郡生野町に通じる林道の峠から、兵庫県南部方面を
眺望した風景です。 眼前は1000m級の高山が連脈しており、神
埼郡大河内町の砥峰、峰山にと連なっております。

 左の写真2枚は、一宮町側から上記の千町峠を眺望する写真
です。下の写真は、千町峠に向かって登山する家族です。左最
下部の写真は、一宮町千町の集落に向かって下山している写真
です。

 当日(2000年3月26日)、瀬戸内地方は昨日来の快晴で、現地
の人からの電話で、雪が降っていると聞いても信じられませんで
した。ましてや加古川市から一宮町には入っても、平野部はまっ
たく雪のかけらもなかったのです。それが麓の集落で10cm、千町
峠付近では30cmの積雪があり、その上、登山中は猛吹雪となり
ましたので、段が峰(1103m)を目の前にしながら引き返しました。


直線上に配置
トップページへ戻る