トップページに戻る


新緑の曽爾高原を歩く
三重県美杉村中太郎生出発→→池の平湿原→→くろそ山荘→→亀山峠→→亀山(標高849m)→→曽爾高原→→太良路のコース
亀山頂上より、和歌山方面の奈良連山、曽爾高原を望む。
亀山頂上より、大阪方面の奈良連山、曽爾高原を望む。
亀山頂上より、曽爾高原左半景を俯瞰眺望する。
亀山頂上より、曽爾高原右半景を俯瞰眺望する。
亀山より亀山峠に戻り、曽爾高原に下る一行。
曽爾高原に下る道中より、写真中央に葦で覆われたお亀池を望む。
お亀池周辺に到着した一行。
曽爾高原中央部の散策路を歩く一行。
2001年5月18日(金)撮影   天候曇
 右のタイトル写真は、曽爾高原(奈良県曽爾村・三重県境)における、亀山(標高849m)頂上より、倶留尊山(標高1038m)を背景に、記念写真を撮った「低山ハイキング教室」の老若男女のメンバーです。

 当日の参加者は、姫路教室14名、加古川教室12名の計26名です。

 背景の稜線を境に、左手の急斜面が曽爾高原に展開し、稜線の右手が、三重県美杉村、池の平湿原、中太郎生に展開していきます。