義経ゆかりの鞍馬山
木の根道峠 (標高513m)
 右の写真は、鞍馬山を峠越えして、鞍馬寺から奥の院、貴船神社へと抜ける通称木の根道です。義経が牛若丸の頃、天狗を師匠に跳躍の練習をしたというのが、この木の根道です。現在も古木大木が覆い繁り、昼なお鬱蒼と暗いので、登山仲間でも、女性一人の散策は戒められています。
 義経が、頼朝に追われ、奥州に都落ちして行く際、弁慶共々最後の別れを告げたであろうと思われるのがこのあたりです。
即興拙作短歌

 桜さえ 憂いに滲む鞍馬路の  
         振り返り行く木の根道峠

註、都落ちして行く義経とダブらせて即興しました。
 

 The cherry blossoms,
here on the ridge of Mt.kurama,
must have been so sad,
when Yoshitsune sent away
looking back to the capital,

 以上の英訳は、バイリンガル俳句の
景山典子先生(東京)です。
鞍馬の火祭で有名な、鞍馬山の守護神由岐神社です。
由岐神社拝殿への参道です。
 由岐神社から、鞍馬寺の本殿まで、九十九折れの長い長い坂道と、急な石段が延々と続きます。古の昔、清少納言がこの九十九折りの坂道を
「近くて遠きもの」と綴ったのがこの道で、当時はこんな立派な道や石段でなく、獣道が少し拡がった程度のものだったでしょう。
やっと、鞍馬寺の本殿にたどり着きました。
 鞍馬寺本殿境内に咲き誇る桜です。馬鹿な私が、憂いに滲むと
詠んだのがこの桜です。
ここからいよいよ、奥の院、木の根道峠へと向かいます。
トップページに戻る