比良山系武奈ガ岳を歩く

トップページに戻る


 名神高速道路京都東ICを降り、西大津バイバスに乗り、そのまま湖西道路を北上、志賀ICを降りて国道161号を北進、北比良水泳場上手より
左折、一本道を登りきった所に、比良登山リフト山麓駅がある。リフトに乗ること13分、シャカ岳駅に着き、ロープウエイに乗り換えて7分で山上駅
(標高1000m)に到着。山好きのプロは、下から歩いて上がるそうだが、我々にはそんな真似はできない。それだけで体力を消耗してしまう。さて、
これからでも容易なことではない。武奈ガ岳をめぐる、6時間の走破コースが待っている。山上駅→八雲ガ原→イブルキノコバ→武奈ガ岳(標高
1214m)→ワサビ峠→中峠→ヨキトウゲ谷出合→金糞峠→山上駅と一周する。午後より天候状態悪化、濃霧、強風、霧雨、視界50m、期待して
いた武奈ガ岳からの展望に恵まれなかったのが残念。しかし、ホトトギスが、私達の歩く先々まで、まるでお供するかのように鳴いてくれたので
楽しいハイキングとなった。
山麓駅で、各々リフトに乗車、シャカ岳駅めざす。
シャカ岳駅にて、ロープウエイに乗り継ぎ山上駅へ。
山上駅広場で記念写真の加古川教室一行。ホトトギスの歓迎の鳴き声しきり。
山上駅広場で記念写真の姫路教室一行。
いよいよ徒歩開始、武奈ガ岳をめざす。
八雲ガ原湿原に入る一行。
八雲ガ原湿原を歩く一行。
満開のドウダンツツジの大木に出くわす。
武奈山頂に辿り着くも、強風と濃霧でいたたまれず。
昼食お預けで、武奈西南陵を下る。天候が良ければ絶景の所。
ホトトギスが鳴き、山兎の赤ちゃんが飛び出してくる。
さっき登った濃霧に霞む武奈ガ岳を振り返る。
ホトトギス盛んに共鳴、一路ワサビ峠をめざす。
谷間で、ドウダンツツジの群落に遭遇。後、昼食。
霧雨のなか、やっと金糞峠に着きくつろぐ面々。