雪の播磨アルプス(高御位山 304m)全山縦走する

2008年02月24日(日曜日)撮影 天候 雪しぐれ


  朝起きてびっくり、寝耳に水とはこのことか、兵庫県南西部から岡山県にかけて降雪、山陽自動車道通行不能の一報が入る。前夜の

 天気予報では兵庫北西部、つまり、山崎町、一宮町、千種町に大雪警報が出ていたが、まさか瀬戸内海沿岸部まで降雪があるとは予

 想もしなかった。ましてや兵庫中部寄り県全域の降雪は予想だにしなかった。6:30 中止の決断、各氏に連絡を入れるが、神戸のメンバ

 ーは既に電車で西下中、さて、困った。顔会わしてからにべもなく帰ってくれとは云えたものではない。頭に閃いたのが「雪の播磨アル

 プス」だ。これなら納得して戴けるだろう。メンバーの中には播磨アルプスは初めての人もいる。怪我の功名、それが良かったのである。

 下界の雪景色、登山道脇の雪化粧の木々、どれをとっても目に映るものみな新鮮、参加者全員感激の播磨アルプス登山となった。お

 陰で「辻峠登山口」から、JR曽根駅裏の「豆崎登山口」まで、急峻のアップダウンの繰り返しにも係わらず足元の悪い行程 8,0kmを歩き

 通してくれた参加者全員に敬意を表したい。このHPは続編に行程写真をアプレットで掲載している。是非ご笑覧を願いたい。




位   置   図




コ  ー  ス  図

クリックして拡大画像でご覧ください。






辻峠登山口で出陣の記念写真に納まる一行 12名。マウスオンで撮影者交代。








  太閤岩から見渡す東方向雪景色。羽柴秀吉が織田信長の命により中国攻めに西下中、敵対する志方城攻略の

 ためこの岩に立って指揮を執ったと云われています。以後、太閤岩と名付けられました。





雪の播磨アルプス全山縦走行程写真に続きます。マウスここをクリック















訪問者数      昨日      今日