千種高原から、駒ノ尾山(1,280m、岡山・兵庫県境)を歩く

2003年10月05日(日曜日)撮影 天候 晴


 千種高原は、兵庫県宍粟郡千種町に位置するが、駒ノ尾山は兵庫県には在籍しない。分県登山ガイド「兵庫県の山」を探しても出てこない筈である。この山は県境より200m余り岡山県側に入った所にあり、正式地名は岡山県英田郡西粟倉村に所属する。むしろ智頭急行を利用し同あわくら温泉駅から登山をする方が便利が良さそうである。我々は神姫バス主催のハイキングに参加して、加古川市より宍粟郡山崎町を経由県道若桜南光線を通り千種高原に入った。東は神戸から西は姫路市から山崎町に至るまで、大型観光バス9台の参加者総勢400名に及ぶ団体ハイキングである。ハイキングコースは、冬季にスキーに使用される高原ゲレンデの急斜面を直登して県境稜線の長い樹林帯をダルガ峰1,163m、駒ノ尾山1,280mへと中国自然歩道を歩き360度パノラマ展望の駒ノ尾山頂上に到着した。


最初の画像をクリック、順次、表示されている下欄の進行ボタンを操作して移行してください。


1,

2,

3,

4,

5,

6,

7,

8,

9,

10,

11,

12,

13,

14,

15,

16,

17,

18,

19,

20,

21,

22,

23,

24,

25,


トップページに戻る