後山 1,345mから駒の尾山 1,281mへ、兵庫・岡山県境を縦走する。

2006年10月8日(日曜日)撮影 天候曇、晴


  車で中国自動車道を西進、兵庫県の西端「佐用IC」を下れば、国道373号線「鳥取街道」である。江戸幕府時代鳥取藩主が参勤交代で通った

 道であり、多くの人が山陰から、播磨の国を経由、室津港、大阪に出た道である。私共の少年時代は、昔懐かしい日の丸バスの鳥取行きが走

 り、神姫バスに取って変わってからは、現在、第三セクター智頭急行線が国道に並行して運行されている。さて、その道を北上すれば宿場町佐

 用町平福から、岡山県大原町へ通じる。いずれの土地も「吉川英治文学」に出てくる宮本武蔵発祥の地で有名である。

  大原町に入って間もなく第2の信号を右折、国道429号線に乗り北東方向に30数分走れば、岡山県東粟倉村の後山集落に入る。後は、コース

 図に詳細を記すとおり、登山口近くのキャンプ野営駐車場を目指すことになる。姫路、加古川を7:00に出発して、丁度9:00の到着である。早速、

 車の分散駐車、3台で 3,0km先の林道終点まで走行、2台を「駒の尾山荘」から「駒の尾山登山コース」中継点に置く。これが今日の縦走を成功

 させるか否かの重要な選択肢であった。再度キャンプ場に引返し、16名の参加者を確認、9:30分登山を開始する。

 
    ◎ 縦 走 行 程 : 

         後山登山口(登山開始) 9:30  →  稜線分岐点  →  船木山 1,320m  →  後山 1,345m(昼食休憩 11:50〜12:30)

        →  船木山 1,320m  →  稜線分岐点  →  鍋ケ谷山 1,253m   →  駒の尾山 1,281m(14:00〜14:20 休憩)  

         同、下山開始 14:20   →  駒の尾山荘コースを下る   →   林道、分散車待機地点着 15:15  →  車送迎  →

         キャンプ野営駐車場帰着 15:30  →  同出発 15:40  →  愛の村パーク温泉入浴、休憩 (16:00〜17:10)、同解散 17:15

        姫路、加古川帰着 19:00





位    置    図






コ  ー  ス  図


クリックして拡大画面でご覧ください。





踏破コース高低縦断面図

本会山の会会員、加古川市在住の庄司氏作成提供。







後山野営キャンプ場駐車場で出陣の記念写真一行16名。







          

後山登山口の光景です。山へ入って行くところです。






          

後山についての説明と、この山周辺に棲息する鳥類の説明です。もちろん熊も棲息する脅威の山です。






          

登山口を入って間もない地点の状況です。






          

急坂になってきました。足下も良くありません。







          

転石が多く歩行に注意です。樹木が鬱蒼と茂り行く手を遮っております。






          

転石の多いジグザグ道を登ります。こういう道が90分ほど続くのです。






          

このあたりは間伐され手入れが行き届いております。ジグザグ道が長く続きますが、直登でないので軽快に登っています。






         

山道の両側に谷筋の出現です。後山の名水の源になっているのです。






         

 尾根道を挟んで左右両側から谷川が競ってくる急峻な地形です。さすが県境の山ですね。谷一つ東に越えると女人禁制の修検道の行者道が
あるぐらいですから当然の地形ですね。






          

谷に沿って急坂が続きます。紅葉の渓谷美を是非見てみたいところですが、今回は訪れる時期が早かったようです。






         

滝状に落ちる谷川の水を方々に見ることができます。






          

崖っぷちのような斜面ですが、鉢巻き状に登って行きますので殆ど苦になりません。






         

左写真、稜線近くの9合目あたりです。やっと色づき始めていますね。右写真は、県境稜線に到着です。






県境稜線を後山に向かって進むと、船木山 1,320mがあります。そこでの記念撮影です。






          

船木山から後山に向かって、県境稜線を歩いております。頂上部は紅葉の始まりのようです。






          

疎林ですが、ブナ林が少しあります。






正面手前の山が後山 1,345mで船木山から見た写真です。右手後方が「日名倉山 1,047m」で、いずれも兵庫・岡山県境の山です。






         

後山に到着です。右写真は、後山頂上より俯瞰する岡山県東粟倉村の集落です。






昼食を済ませて、後山 1,345m頂上での記念撮影です。一行16名、1名は撮影者。






         

 後山、船木山を後にして、県境稜線を「駒の尾山 1,281m」に向かって縦走しております。この辺は熊の遊覧コースで、餌を求めて兵庫県側へ
行ったり、岡山県側へ行ったりして徘徊しております。






         

駒の尾山が目前に見えてきました。手前の山が鍋ケ谷山 1,253mです。






          

左写真が、鍋ケ谷山頂上で、右写真が近くから見る「駒の尾山 1,281m」です。避難小屋の屋根が、わずかに見えています。






駒の尾山 1,281m到着です。天気が良くて視界が利けば 360度のパノラマ、瀬戸内海まで見えますが今日は残念、見えませんでした。






         

 左写真、先程来から縦走して来た、後山、船木山、鍋ケ谷山稜線の光景です。右写真、駒の尾山頂上から西方に見る「那岐山 1,250m」です。
雲間に霞んで見えます。






駒の尾山 1,281m頂上から北東方向に見る、兵庫県第二の高峰、三室山 1,358mです。






          

駒の尾山ともお別れ、駒の尾山荘コースを下って行きます。






後山から駒の尾山に咲く花達

2006年10月8日(日曜日)撮影 天候曇、晴


ノコンギク

ゲンノショウコ

シラヤマギク

センブリ

シロヨメナ

ソクズ

ヨシノアザミ

ホソエノアザミ

ジンジソウ

キクバヤマボクチ

トキワハゼ

ツチアケビの実

ツルシキミ

アキチョウジ

ミヤマシキミ

リンドウ

ベニバナボロギク

ウバユリの実



トップページに戻る