吉野宮滝・万葉の道から、吉野山(上、中千本)を歩く

2005年4月17日(日曜日)撮影 天候快晴


  過去、吉野の桜と云えば雨天と、時には土砂降りに見舞われることがあり、どちらかと言えば相性が良くなかったが、今回は好天に恵まれた

 1日を授かり、歴史の道「吉野宮滝・万葉の道」から、桜の開花状況最高の「吉野山上千本、中千本」を訪問することができました。普通は、近

 鉄吉野駅を出発点とするコースを歩くのですが、私達は二つ手前の駅、大和上市駅で下車、タクシーを利用して宮滝集落の柴橋まで行き、そこ

 から逆コースを歩くことにいたしました。それが結果的に幸いいたしました。ハイカーだけが辿る万葉の道の静寂さに打って変わって、吉野山全

 山は桜を見る人達の行列と歓声で沸き上がっており、蔵王堂のある本通りは人混みを縫って歩く状態で、ようやく吉野駅にたどり着いても大阪

 阿部野橋行きのすべての電車は始発駅より超満員の状態でした。今年は寒さのため下千本のさくらの開花が遅かったところへ、中旬に入り急

 に高温と好天が続いた影響で、日を置かずして中、上千本と咲き上がってしまった状態で、日曜日の好天につられて人出が集中したようです。

  しかし、万葉歌人が愛したという歴史の景勝地「万葉の道」を歩き、中千本、上千本の全山満艦飾の桜を同時に見られたことは、この上ない幸

 せなハイキングであったと喜んでおります。会員の平常の心がけが良かった賜と感謝する次第です。今回の参加者は10名(姫路市4名、神埼郡

 福崎町2名、加西市1名、加古川市2名、明石市1名)でした。以下細部の写真はコース順路に従い掲載いたしました。なお、上、中千本の桜の

 景観はアプレットで別ページに掲載しております。ご一見ください。





位    置    図



コ ー ス 図

クリックして拡大画面でご覧ください。



「夢の和田」と、万葉集に詠われる吉野川「宮滝のよどみ」をバックに記念写真の一行です。






                     

 出発点の宮滝・柴橋から見る上流の吉野川、右写真が下流の吉野川、いったん洪水になると両岸の岩をきしみ、水が引けば
青々とした淀みを作ります。万葉歌人は、この淀みを「夢の和田」と呼び万葉集にも詠っております。






                     

 「万葉の道」の喜佐谷集落を流れる現在の喜佐谷川が、万葉の御代「象(きさ)の小川」と呼ばれていた頃、丁度、吉野川と合流する地点の
 
水のよどみに作られていた橋で、名を「うたたね橋」と呼ばれていたそうです。何時の時代か老朽のため取り壊され、右写真のように碑だけが
 
残っております。「うたたね」の謂われは、源頼朝から追われた義経が吉野落ちのとき、この橋の上で疲れのため、うたたねをしたことからつけ

られたと云われております。同型同名の橋がこの後に出てくる桜木神社にもでてきます。即ち万葉の御代には「うたたね橋」が二つあったという

ことですね。






                     

 宮滝から遡ること30分、「象の小川」のほとりに桜木神社があります。この神社は、大己貴命・少彦名命、天武天皇を祀っています。大己貴命、

少彦名命は、古くから医薬の神として崇められ、特に初代紀伊藩主大納言徳川頼信公は、たびたび病気平癒を祈願したそうです。天武天皇は、

大海人皇子といわれて、天智天皇の近江の都から吉野に身を隠していたころ、大友皇子の兵に攻められ、危うくこの地の桜の大木に身をひそめ

難を逃れたいう伝説がある神社です。右写真が桜木神社正面に架かる「うたたね橋」です。屋根は木橋の橋面が腐らないよう雨水から守ったと考

られます。これなら義経も仮眠ができたことでしょう。






                      

桜木神社の謂われです。クリックして拡大画面でご覧ください。                桜木神社の社殿です。






                      

桜木神社の前を流れる現喜佐谷川を含め、「象の小川」と万葉の頃から呼ばれていたもので近代に入ってから象(きさ)が喜佐に変名したようです。






                     

「象の小川」の謂われです。クリックして拡大写真でご覧ください。         喜佐谷集落から、万葉の道に入りました。






                     

吉野山を目指して古くから都人も歩いた万葉の道です。                右手に「高滝」が見えてきました。






                    

万葉の道と高滝の由緒が書かれています。拡大画面でご覧ください。          高滝とも別れ更に登って行きます。






                    

杉林の小径を抜け、幾度か渓谷の谷間を渡り上って行きます。






                     

 吉野山間近しです。右写真、宮滝分岐の石柱に辿り着きました。右手矢印が今まで歩き上って来た「万葉の道」です。正面の道は
吉野・御園同南楢井の集落に出ます。






                                        

                    

 やっと「稚児の松地蔵」に到着しました。改めてコース図を拡大画面でご参照ください。右写真、「稚児の松地蔵」裏手丘より眺望する
吉野山中千本、下千本の光景です。画面右端中段上に金峰山寺蔵王堂が見えます。以下 桜の景観を別ページでご覧ください。






                    

「稚児の松地蔵」から、如意輪寺に向かう道です。                 浄土宗「如意輪寺」に到着しました。





                    

 如意輪寺の由緒が書かれてあります。消えかかって見にくいですが拡大画面を用意しました。判読してください。如意輪寺の
裏手少し上がったところに右写真の「後醍醐天皇陵」があります。京都に向かって北向きに祀られています。






                    

如意輪寺の境内にある松尾芭蕉の句碑です。                勝手神社です。社殿は焼失したままです。






                   

 勝手神社の由緒です。吉野山にまつわる悲哀とロマンが語り継がれています。拡大画面で是非ご一読ください。
右写真、吉野山のシンボル、金峰山寺蔵王堂です。






「吉野山・上千本、中千本の桜の景観」のページに進む